雨乞岳【朝明渓谷長距離トレック】

夏山に向けて、いろいろと調整中。
ウエイトダウンと、長距離トレックになれること。

ということで、選んだのが、鈴鹿、朝明渓谷から雨乞岳への長距離トレック。
登りCT4時間10分のコースです。
シロヤシオは終わりの時期。ヤマシャクも見れたらいいなと出かける。

056_R_2016051506583820a.jpg
(シロヤシオ)

長距離の為、自宅を5時半に出発。鈴鹿に向かいます。

6時半に朝明霞渓谷駐車場。もうすでに何台か車が停まってました。

001_R_2016051507033907d.jpg  002_R_2016051507034025d.jpg

トイレもここにあります。結構きれいなトイレでした。
この駐車場からスタートします(6:35)

004_R_20160515070532ddd.jpg

ここから、舗装路を20分程進み、釈迦ヶ岳方面と根の平峠への分岐の橋を渡ります。

017_R_2016051507101904f.jpg  018_R_20160515071020bc8.jpg

白いツツジもきれいですね。

006_R_2016051507140511e.jpg

タニウツギ

015_R_201605150714483b8.jpg

ヤマフジ

014_R_20160515071625c44.jpg

旧千種街道登山口到着。
旧千種街道は三重県の朝明渓谷から滋賀県愛知郡へ抜けるルートで、旧近江の国から伊勢へ抜ける街道として利用されていました。
千種越えとも呼ばれ、織田信長が千種越えの際に杉谷善住坊に鉄砲で狙撃された等歴史的にも重要な街道でした。

023_R_20160515071908971.jpg  024_R_20160515071909e6c.jpg

ここから根の平峠まではところどころコンクリートの舗装がされている部分があります。
川に沿って、登っていきます。

025_R_201605150735331fe.jpg  027_R_20160515073534b74.jpg

イワカガミ

033_R_2016051507371705d.jpg 035_R_2016051507371810e.jpg

サラサドウダン

038_R.jpg 040_R_20160515082127363.jpg

アオダモ(別名コバノトリネコ)
昔校庭にあった「なんじゃもんじゃの木」の方がしっくりきます(笑)

041_R_201605150823369c6.jpg 042_R_201605150823379a6.jpg

渡渉したり、巻いたりを繰り返して登っていきます。

043_R_20160515082731096.jpg

で、この標識。

044_R_20160515082829c55.jpg

標識の奥に赤テープが見えます。
で、標識の右下にこのマーク。

112_R_20160515082909794.jpg

パッと見た感じ「OK」に見えません?標識と赤テープ。赤テープを頼りに進みました。
少し進むと登山道が崩落していました(゚д゚)

047_R_20160515083227803.jpg

戻ってみて、じっくり見ると納得。
「○←」でした(笑)
河原に出て、登っていきます。

ヤマツツジ

051_R_20160515083553d3c.jpg  045_R_2016051508355590c.jpg

シロヤシオ
シロヤシオも終わり際です。

055_R_201605150836389f7.jpg  052_R_20160515083639788.jpg

根の平峠着(7:54)
ハト峰方面と国見岳方面とタケ谷方面への分岐。
タケ谷方面に向かいます。

059_R_201605150839111e3.jpg

緩やかな下りですね。ぬかるんでいるところが所どころあります。
タケ谷分岐を上水晶谷・杉峠方面へ。
上水晶谷出合を、杉峠方面に進みます。

063_R_2016051508504030a.jpg  066_R_20160515085041cde.jpg

で、道迷いが頻発するコクイ谷出合に到着しました。
このあたりにヤマシャクの群生地があるらしいですけど、見つけられず。
水量が多くて、渡渉するのが困難でした。
ストックをうまく使って、何とか超える。

071_R_20160515085427992.jpg  072_R_201605150854281b9.jpg

このコクイ谷は愛知川が分岐したりと、地形が複雑で地図を見てもわかりにくい。
新緑に阻まれて、登山道が一部見にくいところがあり、尾根を一つ間違えて、少し道迷いしました。

074_R_20160515090113fdf.jpg  076_R_20160515090114de7.jpg

登山道に復帰し、杉峠に向かいます。
途中「御池鉱山旧跡」を通ります。

080_R_20160515090243951.jpg  081_R_20160515090244ee6.jpg

開けたところに出て、杉峠到着(9:54)
ここからが急なので、少し休憩しました。
カロリーを少し多めに補充します。ここまでも最低限の行動食できています。ダイエットもかねているので。

083_R_20160515090731ccd.jpg  084_R_20160515090732624.jpg

急登を上がっていきます。足場も悪くて登りにくいイメージでしたが、巻道が出来ていて、難なく登れました。きついけど。

085_R_2016051509133605a.jpg  087_R_20160515091337f17.jpg

登りきると稜線に出ます。景色も良くて気持ちいいです。
鈴鹿らしいクマザサの登山道を進みます。

088_R_20160515091528a61.jpg  092_R_201605150915299cf.jpg

タテヤマリンドウ

091_R_201605150920296c7.jpg  090_R_20160515092030ade.jpg

タテヤマリンドウの色違い。他の名前があるのでしょうか。

093_R_20160515092342807.jpg

シャクナゲ

096_R_20160515092551ca2.jpg  095_R_2016051509255317f.jpg

ヘロヘロになりながら頂上到着(10:35)
鎌ヶ岳もきれいに見えます。

099_R_201605150927077c0.jpg  100_R_20160515092707d1e.jpg

東雨乞岳には人が見えます。
当初、余力があれば、東雨乞岳、クラ谷からコクイ谷への周回ルートを取ろうと思っていたが、カロリー摂取を最小限にしていたためか、破線コースを通って戻る気力が上がってこず、ピストンすることにした。

101_R_20160515093242053.jpg

頂上で、食事をしようと思ってザックを開けようとすると、なぜか頂上に猫が。
頂上にもう一人いたので、その人の猫かと思ったが違う様子。

103_R_20160515093346329.jpg

なんでこんな鈴鹿最奥の雨乞岳の頂上に猫が・・・・
武平峠まで3時間、滋賀県側でも3時間はかかるこんな山奥まで猫が単独で来るなんて考えられないですね。
お腹を空かせてる様子、痩せてました。ザックを開けてると頭を突っ込もうとしてきます。

誰が捨てていったのか知らないけど、怒りしか感じない。

ザックにでも乗ってくれれば、下まで連れて行くのだけれど。

かわいそうですが、ここで昼食は難しそうな感じ、杉峠まで戻ることにしました。
クリーム玄米ブランをかじりながら下っていきます。

少し歩くと足元が覚束なくなって、フラフラしてきました。クマザサの林を抜け、稜線に出たところで気持ち悪くなって全然足が進まなくなってきます。

094_R_2016051509422427c.jpg

やっべー。もしかしてハンガーノック脱水症状?いや、なりかかっている状態か(´・_・`)
長距離トレックなのに、控え目のカロリー摂取と、水分を制限しています。
すぐ休憩。取っておいたアルプスの天然水「贅沢ヨーグリーナ」を一気飲み。補助食として積んであるツポーツバー(カロリーメイト)を、気持ち悪くて食べたくもないのに詰め込みます。

稜線上は日が照ってると暑いです。少し回復したところで、何とか杉峠に下ります。

杉峠戻り(11:01)

日陰で食事をとりながら長めに休憩します。
おにぎりを2個食べました。カップラーメンも持ってきてたけど、喉が渇きそうなので、やめました。

104_R_20160515095550edd.jpg

気持ち悪さもなくなって、落ち着いてきたので戻ります。

御池鉱山旧跡戻り(11:39)

106_R_20160515100127892.jpg

コクイ谷出合戻り(12:09)

107_R_20160515100211197.jpg

余力も戻ってきたので、ヤマシャク探そうかとも思ったが、帰ることを優先しました。
またふらふらしても困るので。

根の平峠戻り(12:59)

111_R_20160515100431391.jpg

ここでお会いした人に、ヤマシャク群生地の話を聞いた。また来年来よう。
シロヤシオも見れたし、今日はオッケー。

明知渓谷駐車場戻り(14:01)

117_R_20160515100543c29.jpg



いろいろあったけど、気持ちよかった~o(^▽^)o

やっぱり鈴鹿っていいですね。


------------------------------------------------------------------------------------------------

沿面距離         15.7km
累積標高         1,283m
総時間(休憩込)    7時間25分

------------------------------------------------------------------------------------------------


雨乞岳地図データ

雨乞岳標高データ
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

やまびこさん、こんにちは。

あれこれ書きたいことがあるなあと思って読んでたら、大の猫好きの私としては、猫のことが気になって気になってしょうがなくなってしまいました。
誰かが捨てていったのかなあ・・・(涙)。
猫ちゃん、飢えてないといいのですが・・・。

石の上などにペンキで書かれたマークなどは、私も迷うこと多いです。
お花、日本のリンドウは色がとてもかわいらしいですね。
他にも、こちらでも似た様な花がいくつかあるので、同じ種類なのかなあと思ってお写真を拝見させていただきました。

こんばんは。

花もいっぱいの素敵なトレックですね^^d

ハンガーノック!?ですか、それは大変でしたね。やっぱり食べつつ、飲みつつ、ここは大事なんですね。
ダイエット、私も何とかしたいのですが、なかなか減りませんよね(>_<)

ネコをもし捨てたとしたら、それはひどい話です。
せめて山登りをする人であってほしくないですね。

No title

やまびこさん
こんばんは^^
ヤマシャクヤクやタテヤマリンドウ、色々なお花が咲いていいですね

途中で猫が出てきてびっくりしました
一人でここまで登ってくるとは考えにくいから、捨てられたのでしょうか・・・(T T)
やせていたなんて、かわいそう
猫を捨てるのはもちろん良くないですが、百歩譲ってせめて自力で餌を確保でき、生きていけれるところに、、、と思ってしまいます

No title

やまびこさん、こんばんは。

かなりハードな行程を行かれたようですね。
雨乞岳は私も鈴鹿スカイラインからコクイ谷経由で
一度行っていますがあまり展望のないルートをひたすら
歩いていた記憶があります。
これからの季節は水分補給大切ですね、それとヒル対策も。

お互い気をつけて楽しい山行をしましょう。

Re: No title

アルペン猫さん、こんにちは。

> あれこれ書きたいことがあるなあと思って読んでたら、大の猫好きの私としては、猫のことが気になって気になってしょうがなくなってしまいました。
> 誰かが捨てていったのかなあ・・・(涙)。
> 猫ちゃん、飢えてないといいのですが・・・。

何とかしてあげたかったのですが、かわいそうでした。

> 石の上などにペンキで書かれたマークなどは、私も迷うこと多いです。
> お花、日本のリンドウは色がとてもかわいらしいですね。
> 他にも、こちらでも似た様な花がいくつかあるので、同じ種類なのかなあと思ってお写真を拝見させていただきました。

お花を撮る余裕がないほど疲労してまして。目立った花以外は撮る気力がなかったです(笑)
そちらの山はカラフルできれいな花が多くて、いいですね。

Re: こんばんは。

ゲンジさん、こんにちは。

> 花もいっぱいの素敵なトレックですね^^d

時間が気になって、なかなかのんびり登ってられない状況でした。
見のがしてる花も多かったと思います。

> ハンガーノック!?ですか、それは大変でしたね。やっぱり食べつつ、飲みつつ、ここは大事なんですね。
> ダイエット、私も何とかしたいのですが、なかなか減りませんよね(>_<)

GWで大分ウエイトが増えまして、本格的にダイエットを始めています。
5月7日からスタートしてますが、食事制限が辛いです。

> ネコをもし捨てたとしたら、それはひどい話です。
> せめて山登りをする人であってほしくないですね。

普通の人が素通りするような場所ではないので、残念です

Re: No title

tekky2さん、こんにちは。

> ヤマシャクヤクやタテヤマリンドウ、色々なお花が咲いていいですね

ヤマシャクは見つけられませんでした。残念です。
リンドウは小さいですけどきれいですよね。

> 途中で猫が出てきてびっくりしました
> 一人でここまで登ってくるとは考えにくいから、捨てられたのでしょうか・・・(T T)
> やせていたなんて、かわいそう
> 猫を捨てるのはもちろん良くないですが、百歩譲ってせめて自力で餌を確保でき、生きていけれるところに、、、と思ってしまいます

御在所の頂上なら、公園なので、生きて行けたかもしれませんが、雨乞岳はどこから行っても時間がかかるのでなかなか難しいですね。
何とか生きていければいいのですが。

Re: No title

touge-MTBさん、こんにちは。

> かなりハードな行程を行かれたようですね。
> 雨乞岳は私も鈴鹿スカイラインからコクイ谷経由で
> 一度行っていますがあまり展望のないルートをひたすら
> 歩いていた記憶があります。

武平峠からだと、コクイ谷を抜けて、東雨乞岳にでるまでは延々と森の中を進む感じですよね。
紅葉とか新緑の時期以外は景色の変化もないかもしれませんね。

> これからの季節は水分補給大切ですね、それとヒル対策も。

今年はヒルが出る時期は、もっと高い山に遠征しようと思っています。

> お互い気をつけて楽しい山行をしましょう。

そうですね。楽しんで登るのが一番です。

No title

おはようございます。
雨乞岳入山ルートは違いましたが昨年コクイ谷に入って緊張しました。あの分岐の多い地形特に一人だと不安になりますよね。
無事帰還されて取敢えず、おつかれさまでした!

初めまして。CT7時間40分のコースですね。武平から御在所、杉峠 雨乞 武平と周回して、CT7時間40分で同じです。
これにイブネとクラシのピストンを加えるとCT10時間になります。
宮妻 入道 鎌 キララ 宮妻も10時間です。
是非やってみて下さい。
鞍掛から御池 、藤原のピストンもいいですよ。

Re: No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。


> 雨乞岳入山ルートは違いましたが昨年コクイ谷に入って緊張しました。あの分岐の多い地形特に一人だと不安になりますよね。
> 無事帰還されて取敢えず、おつかれさまでした!

コクイ谷は道迷いが頻発する分かりにくい地形です。とくに破線ルートの方は道も荒れてて、なかなか難ルートです。
僕も以前一度通ってなければ、コクイ谷で躊躇していることは間違いないです。

慣れれば面白いルートなんですけどね^^

Re: タイトルなし

KKKさん、こんにちは。

> 初めまして。CT7時間40分のコースですね。武平から御在所、杉峠 雨乞 武平と周回して、CT7時間40分で同じです。
> これにイブネとクラシのピストンを加えるとCT10時間になります。
> 宮妻 入道 鎌 キララ 宮妻も10時間です。
> 是非やってみて下さい。
> 鞍掛から御池 、藤原のピストンもいいですよ。

初めまして、コメントありがとうございます。
登りCT4時間10分、下りCT3時間15分の7時間25分のコースですね。

イブネに行く人も何人かいました。すれ違った人の中にテント背負ってる人がいた記憶があります。

「武平から御在所、杉峠 雨乞 武平と周回して」はともかく、「宮妻 入道 鎌 キララ 宮妻」は鎌尾根を通らないといけないじゃないですか。鎌の頂上から見ただけですが、うーん、行けますかね、鎌尾根(笑)

「鞍掛から御池 、藤原ピストン」は登りCT4時間40分、下り4時間の8時間40分・・・
・・・・自分の限界を知りたいときに行きます(笑)

こんにちは

すごい、かなりストイックに登られているんですね。猿投山にも!!って思ったら、時間が余ったからって、すごいです。
かなりダイエット効果あるんじゃないですか。
私は出産後、体重が落ちる気がしなくて(笑)
鈴鹿はしばらく足を踏み入れてませんが、来年あたりは行ってみようかしらと思います。
また参考にさせてくださいね。

Re: こんにちは

chocoさん、こんにちは。

> すごい、かなりストイックに登られているんですね。猿投山にも!!って思ったら、時間が余ったからって、すごいです。
> かなりダイエット効果あるんじゃないですか。
> 私は出産後、体重が落ちる気がしなくて(笑)

なかなか体重って落ちないですよね。どうしても食べたり飲んだりが止められなくて。
でも、今本格的にダイエット中です(^^

> 鈴鹿はしばらく足を踏み入れてませんが、来年あたりは行ってみようかしらと思います。
> また参考にさせてくださいね。

鈴鹿いいですよ。低山にしてはなかなか面白い山です^^
夏場のヒルにはご注意ください。