金華山【馬の背ルート~百曲りルート】

今日は【金華山】と【百々ヶ峰】の急登コースを登ってきました。

金華山

金華山 wiki
金華山ロープウェイ HP
過去の金華山の記事

富士山登山の後、休日の天候が悪かったり、予定があったりで山に行けていませんでした。
今日はいい天気だったので、出かけようと思ったものの、鈴鹿はまだヤマビルがまだ跋扈しており、養老山脈は熊が暴れているということで、トレーニングも兼ねて、金華山と百々ヶ峰の急登コースを登ってみた。

金華山馬の背ルートは瞑想の小路ルートから分岐し、岐阜城まで直登するルートで、岐阜城まで延々と急登が続くコースです。
下りは、百曲りルートを選択しました。

朝6時に岐阜城に向かって、車を走らせます。結構涼しくなってきましたね。窓を開けるとひんやりしています。
途中のコンビニから岐阜城を見上げると、すがすがしい気分になります。
金華山北、長良川沿いの無料駐車場は、朝から車でにぎわっています。

DSC_0762_R_20150913080757c8a.jpg  DSC_0764_R_20150913080739f4e.jpg

今日は、涼しいですが、水2リットルと、行動食、菓子パン程度を積んで、スタート。瞑想の小路ルート入り口を目指します。
秋っぽい朝の雰囲気いいですね。空気が凛としています。散歩している人やジョギングしている人を見かけました。
護国神社を超え、岐阜公園に入ります。

DSC_0766_R.jpg  DSC_0768_R_20150913081240c22.jpg

瞑想の小路入口からスタート(6:33)
2週間ぶりなので、のんびり登っていきます。

DSC_0769_R.jpg  DSC_0772_R_2015091308152757d.jpg

馬の背ルート分岐【丸山】(6:41)
看板が新しくなっても【老人・幼児には無理です】の文字が(笑)

DSC_0774_R.jpg  DSC_0775_R.jpg

馬の背ルートを進みます。急登ですけど、涼しいし、ゆっくり登っていけば特に問題はありません。

DSC_0777_R.jpg  DSC_0778_R_20150913082308c90.jpg

標高差はなくても、急だときついですよね。休憩しながらゆっくり登っていきます。
途中の岩に登って、写真を撮ったり、気持ちいいです。

DSC_0781_R.jpg  DSC_0779_R.jpg

急だけど、落ちたら死ぬみたいなところがあるわけではありません。たぶん、適当な登山経験がある人なら、全然問題ないと思います。距離も短いし。

DSC_0783_R_201509130828172c2.jpg  DSC_0784_R_20150913082911016.jpg

最後の階段を登って岐阜場到着(7:20)

DSC_0784_R_20150913082911016.jpg  DSC_0785_R.jpg

DSC_0788_R.jpg  DSC_0790_R_201509130831304e9.jpg

ちょっと休憩し、金華山ロープウェイの横から、百曲りルートを降ります。

DSC_0793_R_201509130836281cc.jpg  DSC_0794_R.jpg

七曲りルートに比べると、急こう配ですが、特に問題はないです。

DSC_0795_R.jpg  DSC_0800_R_20150913083750133.jpg

岐阜公園到着。瞑想の小路ルート入り口に戻ります。
朝の岐阜公園は本当に気持ちいいです。水場があると一層涼しさが増します。

DSC_0805_R.jpg  DSC_0806_R.jpg

瞑想の小路ルート入口到着(8:20)

DSC_0808_R_2015091308412501b.jpg




やっぱり物足らないので、長良川を挟んで反対側の山、百々ヶ峰に向かいます。

百々ヶ峰の記事に続きます
関連記事