御在所岳【巨岩・奇岩の登山道】

今日は御在所岳に登りました。【日本二百名山

御在所

御在所岳 wiki
御在所ロープウェイOfficial Site
過去の御在所岳の記事

7月の3連休、天気がよさそうなのは、今日しかなかったので計画。

明日から仕事なので、遠出しにくい。ということで、鈴鹿山脈にしました。
ただ、この時期、鈴鹿はヤマビルの被害が多いため、奴らの少ない山を選択しようってことで、「御在所岳」にしました。

鈴鹿山脈でも、御在所岳は花崗岩の山なので、比較的ヤマビルがいない山として知られています。

また、前回は、子供と登ったので、今日はソロで登ってみました。

自宅を4時過ぎに出て、車を走らせます。西濃からだと、関ヶ原ICから三重県に伸びる365号線が便利です。御在所岳まで、関ヶ原ICから1時間ちょっとで行きます。

365号線大垣市上石津町を走ってると、結構ガスっています(4:47)

DSC_0167.jpg

信号がほとんどないので、距離があっても運転は特に辛くないです。

三重県に入って、御在所方面を見ると・・・・・うーん、ガスってるなー。雨は大丈夫そうだけど・・・( ̄へ ̄|||) ウーン

DSC_0170_R.jpg

いなべ市で306号に入り、477号線との分岐を右折。鈴鹿スカイラインを進むと、御在所岳中登山道駐車場があるのでそこに停めます。

駐車場10台ぐらいでしょうか、早めにいかないと結構埋まってしまいます(5:50)

DSC_0171_R_201507201525499b9.jpg

駐車場から鈴鹿スカイラインを登っていくと、御在所岳中登山道の入り口に着きます。登山届を出して、スタート(6:02)

DSC_0173_R.jpg

今日の目標は、「ロープウェイが動き出す(9:00)までに頂上に着く」です。

「山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹44」では山上公園駅まで2時間です。たぶん大丈夫でしょう(^-^)

今日のコースは 【中登山道駐車場~中登山道~御在所岳頂上~裏登山道~中登山道~中登山道駐車場】です。

この前の釈迦ヶ岳と違って、花崗岩のむき出しになった登山道です。人が歩くことで、浸食され、くぼんだ登山道が続いています。

DSC_0176_R.jpg  DSC_0177_R.jpg

御在所岳は、この花崗岩の浸食によってできた、巨岩や変わった形の岩が魅力的な登山道です。この中登山道は、巨岩も多く、景色もいいので、人気のあるコースです。

白い鉄塔が見えます。あそこより高く登らなくてはいけません。3合目到着(6:24)

DSC_0180_R.jpg  DSC_0181_R.jpg

少し進むと、裏登山道との分岐になります。帰りは、ここで合流する予定でした。

DSC_0183_R.jpg  DSC_0184_R.jpg

合流できませんでしたけど(笑)

岩がゴロゴロしてて登りにくい。踏みあがることが多いです。90kgを超える巨体の為、この登山道は堪えます(›´ω`‹ )

DSC_0185_R.jpg  DSC_0186_R.jpg

4合目「負ばれ岩」(6:39)

負ぶさってるように見えるかな。写真撮るの下手ですね(笑)

DSC_0188_R_201507201554339d4.jpg  DSC_0189_R_20150720155431323.jpg

ここからも岩場の登りが続きます。アー、シンドイ(;´ω`A)

鉄塔がちょっとづつ近づいてきました。

DSC_0192_R.jpg  DSC_0191_R.jpg

5合目到着(6:50)

だいぶ若い子に抜かれたけど、ペースはまずまずかな。

岩の上から鎌ヶ岳もきれいに見えます。西側はちょっとガスってたかな。



DSC_0195_R.jpg  DSC_0196_R.jpg  DSC_0197_R.jpg

登山道を見ると・・・・・「ここのぼるのー?w( ̄△ ̄;)」

DSC_0199.jpg

ブツブツ言いながら、テクテク登る。いや、結構気持ちいいですよ(^-^)

地蔵岩も変わってていいですね。すごくない?このバランス。

DSC_0201_R.jpg  DSC_0203_R.jpg

きついけど、だんだん頂上が近づいてきた。

DSC_0204_R.jpg  DSC_0205_R_201507201612131b1.jpg

鹿の足跡発見。っていうか、このほぼ垂直な壁登ってきたの?鹿さん

DSC_0206_R_20150720161434826.jpg

6合目キレット(7:05)
以前は子供とびくびくしながら降りたキレットですが、1人なので全然平気。

でも、下を見ると怖いですヽ(TдT)ノアウアウ

DSC_0209_R.jpg  DSC_0210_R.jpg

降りてきたキレットを。逆光ですが。

DSC_0214_R_20150720162120aff.jpg

天気は何とか持ってます。鎌ヶ岳もきれいに見えます。

DSC_0212_R.jpg  DSC_0213_R.jpg

7合目到着。ちょっと休憩(7:22)

DSC_0220_R.jpg  DSC_0219_R_20150720163609fed.jpg

岩場の急登が続きます。。。シンドイ(||´Д`)o

8合目到着。ここからが危険個所です(7:40)

DSC_0225_R_20150720163941ccd.jpg  DSC_0226_R.jpg

崖を鎖を頼りにトラバースしていきます。

DSC_0230_R.jpg

渡り終わってから、わたってきたところを撮るとこんな感じ。中央を横切って降りてきます。

DSC_0231_R_20150720164606070.jpg

そこから少し登って、梯子を上がると富士見岩にでます。

DSC_0236_R.jpg  DSC_0238_R.jpg

あいにくガスってて、富士山は見えません(笑)

DSC_0239_R.jpg  DSC_0240_R.jpg

頂上方面に歩くと工事中で、迂回。

山上公園によりました。頂上まであと少し。

DSC_0245_R.jpg  DSC_0244_R.jpg

スキー場をテクテク上がり、、、っていうか、こういう平坦な登りは嫌いです。

DSC_0247_R_20150720165240a9a.jpg  DSC_0251_R.jpg

御在所岳頂上到着。三角点があります(8:24)

DSC_0253_R.jpg  DSC_0255_R.jpg

脇の東屋の日陰で、栄養補給。

今日は「サタケ」の炒飯にしてみよう。お湯を赤いラインまで注いでかき混ぜ、15分待つだけ。

DSC_0256_R.jpg  DSC_0257_R.jpg

待ってる間に、奥にある最高点(1,212m)に行ってこよう。
まだロープウェイやリフトは動いていないから、ザックをデポして、走る。

階段を駆け上がり、岩を登って(本当の)頂上到着。

DSC_0258_R.jpg

景色もいいね~(^-^)

DSC_0259_R.jpg  DSC_0260_R_201507201700169ca.jpg  DSC_0261_R.jpg  DSC_0262_R.jpg

戻って、袋を開けてみた。

DSC_0264_R.jpg

うーん、おいしいけど、補助食でいいかな。やっぱり家で作ってきたおにぎりが一番(^-^)

頂上を堪能した後、下山します。スキー場を下り、裏登山道との分岐に向かいます。

ガスが上がってきました。早めに降りないといけないかな。

DSC_0267_R.jpg  DSC_0268_R_20150720170701754.jpg

裏登山道は、景色もあまり見えないし、結構じめじめした登山道です。

裏登山道は距離がある分、他の登山道に比べて、勾配は急ではありません。

DSC_0271_R.jpg  DSC_0272_R.jpg

以前通ったことがあるため、分かりにくいところも全然平気。ガンガン行きます。

DSC_0274_R.jpg  DSC_0277_R_20150720170826166.jpg

国見峠分岐。もちろん裏登山道を進みます。

DSC_0279_R.jpg  DSC_0280_R.jpg

小川を渡渉したり、登山道に水が流れてたり・・・・・・・・

イソウダナ、ヤツラガ・・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

注意してたけど、奴らの気配はありませんでした。やっぱり花崗岩の山には住めないのだろうか。

7合目を超えると、崩落個所が見えます。迂回路を通ります。

DSC_0287_R_20150720171605fb9.jpg  DSC_0292_R.jpg

やっぱり、このゴツゴツした下りは嫌いだな・・・・腰にきます(>_<)イタイイタイ

DSC_0296_R_20150720172258786.jpg  DSC_0298_R.jpg

藤内壁出合到着(9:59)クライマーの人が何人かいました。
この人たちに家族はいないんだろうか・・・・なんて考えてました(笑)

DSC_0299_R.jpg  DSC_0300_R.jpg

鎖場を超えると、崩落跡を歩いていきます。白いからかな、照り返しもあって暑かったです。

DSC_0305_R.jpg  DSC_0309_R.jpg

兎の耳って、この岩のことだろうか・・・・?違う?兎っぽく見える?

DSC_0308_R.jpg

赤マルとか矢印を追っていけば、特に問題なく藤内小屋まで行けます。藤内小屋到着(10:22)

ちょっと休憩しました。

DSC_0314_R.jpg  DSC_0315_R.jpg

藤内小屋を出て、少しいくと、中道への分岐があります。
地図上は破線ラインですが、このまま裏道を降りると、中道駐車場よりだいぶ降りてしまいますので、この道を中道に進みます。

DSC_0319_R_20150720173737ad8.jpg  DSC_0322_R.jpg

落ち葉の積もった、わかりにくい登山道で、しかも登ってます。

DSC_0323_R.jpg

け、けっこう、きつい。

DSC_0324_R.jpg

ハアハアゼイゼイ

DSC_0328_R.jpg

サイゴニコレハナイデショー_| ̄|○i||||||iモウダメ

ずっと下ってきたから、登りは結構辛かったです。登れないわけではなかったけど。

で、この分岐に到着。

DSC_0329_R_20150720174446f39.jpg

この看板見たらさー、中道に戻ったと思えないかな?
正解は、中道・御在所岳方向(↓)に行かなくちゃいけなかったんだけど、湯の山温泉・スカイラインの方向(→)に行ってしまう。

おかげで、駐車場よりだいぶ下に出てしまいました。

苦手な舗装路をテクテク上がる。暑いし、最悪。

DSC_0331_R_2015072017494255f.jpg

駐車場到着(11:10)

DSC_0332_R_20150720174944f04.jpg


あー、最後はちょっとあれだったけど、今日も一日気持ちよかった\(^ー^)/

------------------------------------------------

帰りは477号沿いにある「アクアイグニス」に入って帰りました。

DSC_0333_R.jpg

相変わらずきれいな温泉で人がいっぱいですね。

------------------------------------------------

------------------------------------------------

登り 中登山道~御在所岳頂上 2時間22分

下り 裏登山道~中登山道駐車場 2時間7分

標高差668m

------------------------------------------------


おまけ
------------------------------------------------

鈴鹿山脈に行くときは、帰りに不破郡関ヶ原町の高木精肉店で肉を買っていくことが多い。
やまびこはミエッパリでヘタレなので、養老町で肉を買うと、少量買うのが恥ずかしくて、結構たくさん買ってしまう。
高木精肉店は、焼肉セットがあり、いろんなお肉が入ったセットを何人分って注文するので、買いすぎない。
家族4人で2人前で十分。

DSC_0335_R_201507201813038d2.jpg  DSC_0336_R_201507201813055ab.jpg

これも、また休日に山に行くため。嫁さんの機嫌を取らねば・・・・デス( ̄ー ̄)フッフッフ

------------------------------------------------
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

やまびこさん こんにちは

おおっ、御在所岳ですか~!
こちらと霊仙山は年内に登りたいと思っていたので、大変ありがたいレポです。

この時期、ヤツらに恐れて全く計画していなかったのですが・・・大丈夫そうですね。
いや、でも、やっぱり秋頃になりそうです^^

8合目からは・・んん、高所恐怖症のワタシにとっては、なんだか嫌・・いや、スリルのありそうなルートで、とっても楽しめそうです(汗)

帰りのルート、地図では破線になっていますが普通に歩けますか?直進するのを(東に)左折したようですね。でも、無事に戻れてよかったですね^^

嫁さんへのご機嫌取り・・もとい、感謝はとっても大切ですよ(^^!

No title

藤内壁や奇岩等、御在所岳は見所いっぱいですよね!私は、やまびこさんと逆のコースで登ったことがありますが、その時は藤内小屋が大雨で流された後で、修復途中だったと思います。

No title

やまびこさん おはようございます

何年か前に同じコースで登りました。帰りはなぜだかロープウェイ、これがかなり怖かったですよ。

裏登山道は手ごわそうですね!!

No title

としパパさん こんにちは。

霊仙山ですか?あそこは鈴鹿山脈の中でもヒル山として有名な山ですので、秋以降ですね。天気がいいととても気持ちいい山です(^-^)
たぶん鈴鹿山脈で今の時期ヒルを気にせず登れるのは御在所と鎌ヶ岳ぐらいでしょうか。

中道8合目の鎖場は行くとそんなでもないですけど、最初はちょっと躊躇します(笑)

裏道から中道へ戻る破線ルートは、印を頼りに行くと、特に問題なく進めますが、踏み跡が薄いので迷いやすいところもあります。

1,000m程度の低山帯ですが、鈴鹿山脈はまた違った景色が楽しめると思います。

Re: No title

居酒屋与太郎さん こんにちは。

藤内小屋は、以前の崩落の時に大きな被害が出たと聞いています。
きつい登山道を下って、山小屋とか見ると、結構ホッとしたりします。

裏道で、結構長い崩落跡を進み、藤内小屋に到着します。当時の崩落の大きさを感じますね

Re: No title

みのろーにんさん こんにちは。

裏道は下りルートで使っています。
中道や一ノ谷新道は、裏道に比べると急勾配なので、体重の重いやまびことしてはかなり負担が厳しい。

ただ裏道から中道に戻るのに、また登らなくちゃいけないのできついです(笑)

ロープウェイがあると、体調が悪かったりしても降りれるからいいですね(^-^)

No title

御在所は楽しいですね
山頂のレストランのカレーうどんをが楽しみです
厚切りのチャーシュー入りです☆彡
汗かいた体にとても美味しいので毎回食べます
朝はコーヒータイムなので時間までウロウロ(笑)して、うどん食べて帰る感じです^^

山頂ゲレンデののっぺりした坂が一番ふくらはぎにきついですね
楽しい山行きレポ、楽しみにしています


Re: No title

> 御在所は楽しいですね
> 山頂のレストランのカレーうどんをが楽しみです
> 厚切りのチャーシュー入りです☆彡
> 汗かいた体にとても美味しいので毎回食べます

今回はロープウェイが動く前だったので、レストランはやってませんでした。
また、カレーうどん食べてみます♪

> 山頂ゲレンデののっぺりした坂が一番ふくらはぎにきついですね

平坦な登りは苦手ですね。ふくらはぎに来ますね。最近はコールドスプレーが必需品です(笑)