烏帽子岳(865m)~三国岳(894m)

今日は、鈴鹿山脈。烏帽子岳(865m)~三国岳(894m)をピストンしてきました。

烏帽子岳とか三国岳とか、結構日本中に同じ名前の山があるよね。烏帽子岳は烏帽子みたいにとがった感じの山に使うし、三国岳は3県の県境とかに同じような名前の山が結構ある。

烏帽子山

烏帽子岳wiki


今回は当初

時山バンガロー村登山口~三国岳~烏帽子岳~時山バンガロー村登山口

の周回ルートで行こうと思っていたが、昨年細野登山口が新設されたとのことで

細野登山口~烏帽子山~三国山
のルートをピストンしてみようと思って、このルートに決めました。

結構距離はあっても、低山だし、ゆっくり登ればいいやと思って出かける。

細野登山道(7:07)
トイレと東屋もあっていい感じ。あまり人気がないのかな。1台だけでした。
登山道入り口に、案内板があります。

DSC_1283_R.jpg  DSC_1284_R.jpg

登山道入り口を入って、一度舗装された道路に出ますが、案内板に従って進むと、獣除けのフェンスに当たります。
鍵を外して、中に入り、また鍵をかけます。

DSC_1288_R.jpg  DSC_1290_R.jpg

落ち葉のたくさん落ちてる登山道を登っていきます。最初は緩い坂道を登っていきます。

DSC_1291_R.jpg  DSC_1297_R.jpg

ずっと森の中です。景色に変化はありません。登山道は、標識とテープでほぼ迷うことはないと思います。
また見晴らしポイントという立札が四つあり。それぞれ見晴らしのある風景が望めます。
それ以外は森の中を延々と登っていきます。途中から急登になり、結構息が切れます。

見晴らしポイントからの風景

第一見晴らしポイント

DSC_1301_R.jpg  DSC_1303_R.jpg
逆光ですね^^;

第二見晴らしポイント

DSC_1311_R.jpg

第三見晴らしポイント

DSC_1315_R.jpg

第四見晴らしポイント

DSC_1319_R.jpg  DSC_1320_R.jpg

途中からかなり急登が続きます。延々と急登を登り続けるみたいな感じです。

大岩コースと展望岩コースに分かれます。展望岩コースに進みました。

DSC_1322_R.jpg  DSC_1323_R.jpg

展望岩まで登ると結構開けてて、景色はいいです。

DSC_1329_R.jpg  DSC_1328_R.jpg

結構落ち葉とかで滑りやすそうな感じです。登るのはいいけど、下るときは結構きついかも。

DSC_1326_R.jpg  DSC_1330_R.jpg

登りきると烏帽子岳山頂到着(8:43)
三等三角点があります。

DSC_1338_R.jpg  DSC_1343_R.jpg

烏帽子岳頂上からの風景

DSC_1339_R.jpg  DSC_1340_R.jpg

DSC_1341_R.jpg

この後、時山バンガロー分岐を超え、烏帽子山頂上から稜線へ出て、痩せた尾根を三国岳方面にわたっていくのですが・・・・
めちゃくちゃきつかったです。尾根が痩せているのもそうですが、踏み跡もなく、テープを頼りに尾根を進んでいきます。
やっぱり登ったり降りたりはきついですね。

DSC_1353_R.jpg  DSC_1354_R.jpg

途中鉄塔に出ます。ここからの風景は良かったですよ。

DSC_1355_R.jpg  DSC_1379_R.jpg

DSC_1380_R.jpg  DSC_1377_R.jpg

尾根をどんどん進むと、最後急斜面になり、これでもかって急斜面を登らされます。
この時点でこのコースを取ったことに大変後悔してましたwww

もうすぐだってことで頑張って、三国岳山頂到着(10:26)

10:30までに着かなかったら、目の前でも引き返すことに決めてましたが、何とか10:30前に到着。

DSC_1371_R.jpg  DSC_1372_R.jpg

今わたってきた尾根が見えます。このとき思っていたのが・・・

またここ戻るの~!!(泣)

DSC_1375_R.jpg

この後戻りますが、写真も撮れないほど、疲弊しました(泣)

後、何とか鉄塔まで戻ったものの、太ももの筋肉が攣りそうな状態になり、鉄塔で長いこと休憩してました。
ここで肉離れとかになったら、烏帽子岳まで戻れないよねって、結構こわかったです。

痛みをこらえて、何とか烏帽子岳まで戻れました。烏帽子岳~三国岳までの間に遭遇した人は二人、「こんなとこで人に会うとは・・・」って、やっぱりみんなこの尾根渡らないよね。

人がいないと寂しいです。不安感が増します。これからは、人が良く通るところを登山していこう。

烏帽子岳に戻ったのが(12:40)
足が痛くて結構休憩してたから、だいぶ時間がかかってしまった。

後は降りるだけなので、昼食。ツギロウさんの福井 山のぼり日記で紹介されてた「おでん」を作ってみた。

DSC_1383_R.jpg

まいう~!!

おでんいいね、汁を飲むのも全然平気!!

おなかがいっぱいになったところで、一気に駆け下りました。やっぱり滑りやすいです。気を付けながら駆け降り

細野登山口到着(14:10)

7時間3分 10.2kmでした。

最後に一言・・・

もう絶対このルートいかな~い!!

では、苦しいじゃなくて楽しい山登りをしましょう

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

やまびこさん こんにちは。

烏帽子岳、三国岳縦走お疲れさまでした。
ほんとに大変だった様子がブログのハシハシから伝わって来ました。尾根歩きは適度のアップダウンなら最高なんですけどね~

来年登る?!美濃禅定道のためのナイスな修行になったんじゃないでしょうか♪

おでん紹介して頂いてありがとうございます。
今度はキムチ味も試してみるつもりです。

それでは、また。お互いきおつけて登りましょう!!

No title

縦走、お疲れ様でした。
最初は低山だし~と思っていると痛い目にあいますよね(涙 高尾山もそうでした・・・。
おでん、美味しそうですね!
今度、うちも試してみたいと思います♪

Re: No title

>ツギロウさん こんにちは

おでんおいしかったですよ(^-^)

寒いところで温かいものは格別です。

ザックの重さなんて忘れちゃいますね(^-^)

尾根も痩せてると、木とかが邪魔で、上ったり下りたり、巻いたり大変です

Re: No title

>Hiziki さん こんにちは

1,000m超えてないような、低い山でも、結構アップダウンがあるときついです。

山の様子によって、疲れ方が全然違うなって思いました。

また人があまり登らないルートは結構寂しいですww