横山岳【白谷本流コース~三高尾根】

蒸し暑い日が続きますね。
この日もとても蒸し暑い日でした。
鈴鹿はヤマビルが気になるので、湖北の山「横山岳」に出かけてみました。

横山岳は湖北の名峰とうたわれ、花が多い山としても慕われているそうです。
「東海周辺 週末の山登りベスト120(山と渓谷社)」にも載っています。

横山岳 wiki

アクセス
木之本ICから303号線、杉野農協前から網谷林道に入り2kmで登山口。

001_R_20190714080541216.jpg
横山岳白谷小屋到着。ここからスタートします(8:59)
小屋には花や滋賀県の山々を説明した資料もおいてあります。
トイレもあります。

002_R_20190714082557642.jpg
小屋のすぐ裏から廃道に入ります。
「週末の山登りベスト120」では、「白谷本流コースは沢を登っていくことになるので、初心者は必ず経験者と行くこと」と書かれています。
沢を登っていくコースは、急登で歩きにくいコースが多いからだと思いますが・・・・・万年初心者ではあるけど、経験者ではあるから大丈夫でしょう・・・( ̄^ ̄)ゞ

003_R_201907140830388cc.jpg
ドクダミがいっぱい咲いてますね。
梅雨っぽいです。

004_R_20190714084120376.jpg
廃道を進みます。

006_R_20190714084537c29.jpg
ヘビイチゴ。
何でヘビイチゴなんだろう。蛇が食べる?

008_R_20190714084657a56.jpg
蒸し暑いな~。雨もパラパラしてるし。
本日水分3L積んでます。

010_R_201907140848199bc.jpg
道にサワガニ。
触ろうとすると威嚇されました(笑)

015_R_2019071408505448d.jpg
水が流れてると、涼しげですけど、湿度は高いので、暑さが体力を奪っていきます。

016_R_20190714085348194.jpg
渡渉箇所も、水量が多いので大変です。

020_R_20190714085614f3e.jpg
足元まで、緑が多いので、踏み跡注意ですね。
比較的踏み跡はしっかりしていました。

023_R_2019071408582194c.jpg
登りきると林道に出て、太鼓橋まで林道を歩きます。

024_R_20190714085947ed5.jpg
太鼓橋から沢の中を登っていきます。
ここからは、急登と渡渉の繰り返しです。辛そう(´・_・`)

026_R_201907140902558e8.jpg
滑らないように注意しながら登っていきます。

027_R_20190714090334850.jpg
クガイソウ

032_R_201907140906531b4.jpg
20分程で「経の滝」。
ここからは沢の右岸を登っていきます。
結構水量が多くて、渡渉に苦労しました。

036_R_20190714090942432.jpg
ルートを外したご夫婦が、急斜面を降りてきてました。
「行けませんよね。大丈夫ですか~?」と声をかけると大丈夫そうなので、そのまま進みました。

038_R_20190714091305a72.jpg
ツユクサ

039_R_20190714091430c82.jpg
オオダイコンソウ

040_R_20190714091554328.jpg
厳しい登山道が続きます。

041_R_2019071409170996d.jpg
ヤマアジサイ。

042_R_2019071410182856c.jpg
オオバギボウシ

043_R_20190714091954015.jpg
何でしょう?

044_R_201907140922452cf.jpg
緩く見えます?結構急登ですよ・・・息が切れます。○| ̄|_

046_R_20190714092351c42.jpg
五銚子の滝。登山道を見ると、滝の左側を高巻きしていく感じです。
うー、足が攣りそう。

050_R_201907140930124c6.jpg
イヌトウバナ

053_R_20190714093152cff.jpg
山深いですねぇ。誰ともすれ違わないし、追い抜かれもしないので不安になります。

054_R_20190714093238138.jpg
途中、お花に癒されながら登っていきます。

056_R_20190714093316e94.jpg
延々と急登が続きます。
大丈夫かな。水分は大丈夫そうだけど、足が進みません。

059_R_2019071409435370b.jpg
この時期にしてはお花が多いですね~。

061_R_201907140945080e3.jpg
頂上まで300mの看板。
事前の調べでは、ここからまたいちだんと急登になるようです・・・・○| ̄|_

062_R_20190714094639237.jpg
太ももが攣りはじめました。
芍薬甘草湯を飲んで、休憩します。

066_R_20190714094806c3a.jpg
100mごとに看板がありますが・・・・要らん(つД`)ノ

067_R_20190714094901502.jpg
一歩一歩休憩しながら登り切り頂上到着(12:46)
ガイドブックではCT3時間30分。
最後の方に大幅にペースダウンしたからだな(^-^;

068_R_20190714095135439.jpg
この上から白山が望めるようだが、真っ白なので止めました。

069_R_20190714095225d15.jpg
二等三角点「横山岳」

070_R_20190714095519d65.jpg
時間も押してるので、食事の後下山します。

072_R_20190714095612ef8.jpg
下りもきついけど、本流コースを降りるよりまだましですね。

073_R_20190714095824fc8.jpg
道もはっきりしてるので、よほど迷うことはないと思います。

077_R_2019071409591016c.jpg
何とか天気も持ちそうですね。

080_R_20190714095941d2b.jpg
延々と長い下りを降り続け、鳥越峠が見えたときはホッとしました。

083_R_20190714100036afe.jpg
鳥越峠から、コエチ谷分岐をコエチ谷に下っていきます。

085_R_201907141003390ab.jpg
ヤマホタルブクロ

086_R_201907141004070ec.jpg
最後に急な下り。やめて~。(>-<;)

087_R_20190714100515ab2.jpg
林道に出ます。これを下っていくとコエチ登山道口にに出ます。

090_R_20190714100612ad1.jpg
コエチ登山道口。ここから舗装路を歩いて、小谷小屋に向かいます。

092_R_201907141006595d8.jpg
横山岳小谷小屋到着(14:44)

急登や渡渉が多く、厳しい登山道でしたが、お花が多い登山道でした。
太ももが最後までぴくぴくしてましたが、何とか無事戻ってこれてよかったです。

今日も一日気持ちよかった~。やっぱり山はいいね(*´∀`人 ♪





横山岳      1,132m
沿面距離     6.7km
累積標高     1,025m
総時間      5時間44分




20190707横山岳地図データ

20190707横山岳標高データ

コメント

非公開コメント