藤原岳【聖宝寺ルート~大貝戸ルート】

聖宝寺は、紅葉で有名なお寺です。
少し時期が早いかなと思いましたが、紅葉登山第一弾として、聖宝寺から藤原岳に登ってみました。

藤原岳は、鈴鹿山脈の北部に位置する1,144mの山です。
春には福寿草で有名なお山です。
日本三百名山、花の百名山に選定されています。

藤原岳 Wikipedia

ルートマップ、登山口情報等

三重県いなべ市 HP

鳴谷山聖宝寺(めいこくさんしょうぼうじ)は三重県いなべ市藤原町にある臨済宗の禅寺です。
藤原岳聖宝寺ルート(裏道)はこのお寺から登っていきます。

鳴谷山聖宝寺 HP

聖宝寺ルートは崩落等の影響で、通行止めの時期もありましたが、現在は開通しています。
聖宝寺ルートは、大貝戸ルートと比べ、急で滑りやすく、道も不明瞭な部分があると聞いてますので、慎重に向かいます。

今回は大貝戸登山口駐車場に停め、聖宝寺まで公道を歩いていき、聖宝寺ルート(裏道)を登り、大貝戸ルート(表道)を降りるルートを選択しました。下りに急で滑りやすいルートは大変なので登りに裏道を使います。

DSC_0877_R.jpg
7:25大貝戸休憩所に到着。駐車場と、休憩所・トイレが設置されています。
駐車場は15台ほど停まってました。
ここからスタートします(7:28)
GPS入れ忘れて、若干ルートが切れてます。

DSC_0878_R_20181111063430dd8.jpg
大貝戸登山口。登山ポストがありますので、登山届を提出します。

DSC_0880_R.jpg
公道を聖宝寺へ向かいます。
一人すれ違いました。反対回りでしょうか。

DSC_0881_R.jpg
鳴谷神社到着。

DSC_0882_R_201811110638076d3.jpg
ここから石段を300段ほど登って、聖宝寺へ向かいます。

DSC_0883_R_201811110639246c7.jpg
石段、しんどい(笑)最初から足に来ます。

DSC_0884_R.jpg
キク科のお花ですね。なんでしょう。ノコンギク?

DSC_0885_R.jpg
聖宝寺着。お寺の前には、養魚場があります。

DSC_0886_R.jpg
お魚さんたちも寒そうです。

DSC_0887_R_20181111064605f88.jpg
もみじ祭りの旗が。今年の聖宝寺のもみじ祭りは11/17~11/25です。
夜間のライトアップは結構見ごたえがあるようです。

DSC_0890_R_20181111064926402.jpg
本堂前の紅葉は色づきはじめですね。やっぱりちょっと早そうです。

DSC_0891_R_2018111106502299f.jpg
やっぱり紅葉は赤が映えますね。

DSC_0893_R_20181111065101223.jpg
ため池付近の風景。もみじが真っ赤になると、見ごたえがありそうです。
誰もいないので、ゆっくり探索しました。

DSC_0894_R.jpg
トイレもあります。

DSC_0895_R.jpg
お寺の奥から、登山道に入ります。標高220m。

DSC_0896_R_20181111065330dcb.jpg
ここにも登山ポストがありますよ。

DSC_0897_R_2018111106541232d.jpg
堰堤を超えていきます。

DSC_0898_R.jpg
堰堤脇を登っていき堰堤の裏側に抜けます。

DSC_0899_R.jpg
渡渉し、急な階段を登っていきます。昨日雨が降ったからか、水位はありましたが、特に問題なく渡渉できます。

DSC_0900_R_2018111107000512c.jpg
秋の鈴鹿でもお花が咲くんですね。

DSC_0902_R_20181111070043396.jpg
急な斜面を九十九折れに登っていきます。
登山道の幅はあまりありませんが、気を付けて登ればそう難しい登りではありません。

DSC_0904_R_20181111072143541.jpg
2合目の看板。藤原岳は表道も裏道も1合毎に看板があります。
表道との合流は8合目です

DSC_0905_R.jpg
表道と違い、裏道は狭くて急です。登られる際は気を付けて登りましょう。
ただ、ロープや塀があり、気を付けて登れば難しくはありません。

DSC_0907_R_2018111107261175a.jpg
丸太階段も足に来ますので、小幅歩き感が増しました(笑)

DSC_0908_R.jpg
3合目、4合目と森の中を登っていきます。
大半が杉林で、紅葉もしていません。

DSC_0913_R_20181111072909fff.jpg
5合目。標高560m。まだまだ先は長いです。

DSC_0915_R_20181111073255aac.jpg
このあたりからは紅葉してますね。御在所とかは赤黄茶カラフルだそうです。

DSC_0917_R.jpg
少し平坦になってきました。

DSC_0920_R_20181111075606117.jpg
花の百名山だけあって、秋でもお花が咲いています。

DSC_0922_R_20181111075746b90.jpg
6合目、7合目とガレ場と杉林を登っていきます。

DSC_0925_R_20181111075845965.jpg
表道と裏道の合流点。左側に表道8合目が見えます。

DSC_0927_R_20181111080020b0e.jpg
ここからはいつもの表道の風景。あと少しです。

DSC_0930_R_2018111108010996d.jpg
9合目。ここからはガレ場を登っていきます。最後に辛いんだ、藤原は(´・_・`)

DSC_0935_R_20181111080235847.jpg
あと少しで、藤原山荘。
裏道の登ってるときは3~4人しかすれ違わなかったけど、表道は人が多いですね。

DSC_0936_R_20181111080358ef5.jpg
藤原山荘着(10:22)
トイレもきれいになっていいですね。

DSC_0937_R_201811110805201cd.jpg
展望台を目指します。

DSC_0938_R_20181111080545891.jpg
あせびも休業中。

DSC_0940_R_201811110806272d9.jpg
最後のしんどいとこ。がんばれ、俺。(^∇^)

DSC_0941_R_2018111108082371b.jpg
快晴ではないけど、気持ちいい景色です。

DSC_0942_R_201811110808578ea.jpg
展望台見えてきました。

DSC_0943_R.jpg
頂上到着(10:44)
標高1,140m。風が吹くと寒いです。

DSC_0951_R_20181111081244004.jpg
養老山脈が見えます。

DSC_0945_R_2018111108134997b.jpg
竜、釈迦、御在所と続く稜線。

DSC_0947_R_20181111081621b78.jpg
御池岳方面

DSC_0948_R.jpg
右側の飛び出てるのが、東近江市に選定された鈴鹿10座の天狗堂かな。
東近江市が市制10周年事業として、鈴鹿10座を指定しています。
鈴鹿セブンマウンテンからは藤原、竜、釈迦、御在所、雨乞。それ以外は、御池、イブネ、天狗堂、日本コバ、銚子ヶ口。
一度東近江市側から全部登ってみようかと思ってます。

DSC_0944_R_201811110824240ab.jpg
今日のお昼ご飯。
寒いところでのラーメンはおいしいけど、スープを飲み干すのがつらい(笑)

食事が終わったら、寒いので降ります。

DSC_0953_R_20181111082622838.jpg
藤原山荘戻り(11:21)

DSC_0955_R_2018111108275459e.jpg
裏道分岐。8合目戻り(11:47)

DSC_0960_R_20181111082900d71.jpg
表道はきちんと整備されてるので、歩きやすいです。

DSC_0962_R.jpg
最近下りがとても辛くなってきました。体重を落とさないと、そのうち膝とか壊しそうです。

DSC_0965_R.jpg
2合目。あと少し。がんばれ、がんばれ。

DSC_0967_R_20181111083143b06.jpg
大貝戸登山口戻り(12:39)


聖宝寺ルートは、大貝戸ルートとは違い、急で滑りやすい登山道でした。
ただ、気を付けて登れば、そんなに危険な個所はなかったです。
途中ガレ場あたりで、踏み跡が分かりにくいところもありますので、不安ならルーファイしながら登ったほうがいいかな。
春もいい、秋もたのしい藤原岳

あ~気持ちよかった。やっぱり山はいいね♪




藤原岳        1,144m
沿面距離       9.1km
累積標高       1,114m
総時間        5時間9分




藤原岳20181110地図データ

藤原岳20181110標高データ
関連記事

コメント

非公開コメント

こんばんは。

同じ登山口から藤原岳登った事あります。
懐かしい~♪
上りでもちょっと道迷いした記憶があります。
下りは孫太尾根でしたが、こちらもがっつり道間違って、GPSで無理やりトラバース復帰した覚えが(>_<)
紅葉はちょっとが早い感じでしょうか。
また鈴鹿の山々も登ってみたいと思いましたよ。

Re: こんばんは。

ゲンジさん、こんにちは。

> 同じ登山口から藤原岳登った事あります。
> 懐かしい~♪
> 上りでもちょっと道迷いした記憶があります。
> 下りは孫太尾根でしたが、こちらもがっつり道間違って、GPSで無理やりトラバース復帰した覚えが(>_<)

おおよそ樹林帯はいいんですけど、ガレ場だったりすると踏み跡が分かりにくいところがありますから注意が必要ですね。
テープに頼ってはいけないといわれますけど、テープを頼りに進んだりします。
ルーファイは重要ですね。

> 紅葉はちょっとが早い感じでしょうか。
> また鈴鹿の山々も登ってみたいと思いましたよ。

山裾の紅葉は少し早そうな感じです。山頂付近は紅葉は終わってました。
御在所の方が紅葉はきれいそうです^^

No title

やまびこさん こんにちは

藤原岳はフクジュソウやセツブンソウ目当てに
春にしか登ったことがないのですが秋もいい感じですね~。
そうそう、ゲンジさんと一緒に道間違えました。僕が先頭で(笑

鈴鹿にはすっかりご無沙汰になってますが
頓挫してるセブン踏破、なんとか達成したいです^^

No title

やまびこさん、こんばんは!
紅葉は少し早めくらいが、赤と緑で好きです
秋は鈴鹿がいいですね!
鈴鹿10座とは、初めて聞きました

カップ麺は私もよく持って行きます
スープの残りは、空のペットボトルに入れて持ち帰っています
全部飲むより楽ちんです

Re: No title

としパパさん、こんにちは。

> 藤原岳はフクジュソウやセツブンソウ目当てに
> 春にしか登ったことがないのですが秋もいい感じですね~。
> そうそう、ゲンジさんと一緒に道間違えました。僕が先頭で(笑

3,000m級ももちろんいいけど、低山ハイクもたのしいです。
登る時期が違えば、風景も全然違うので違う楽しみがあります。
今年は鈴鹿に限らず台風の影響で登山道が荒れてて、遭難が多いようです。
道迷いには十分注意しなきゃですね^^

> 鈴鹿にはすっかりご無沙汰になってますが
> 頓挫してるセブン踏破、なんとか達成したいです^^

鈴鹿セブンマウンテン、みんないい山ですよ。機会があればチャレンジしてください^^

Re: No title

tekky2さん、こんにちは。

> 紅葉は少し早めくらいが、赤と緑で好きです
> 秋は鈴鹿がいいですね!

ヤマビルもいなくなって、鈴鹿は短いですけどいい時期です。
紅葉は色々な色が混じってるのがいいですね

> 鈴鹿10座とは、初めて聞きました

鈴鹿10座は、28年に東近江市が東近江市から登れる山を10座選定したようです。
ですので東近江市から登ることのできない、霊仙、入道、鎌とかは外れています。
イベントの計画もあるようなので、なるべくチャレンジしようと思ってます。

> カップ麺は私もよく持って行きます
> スープの残りは、空のペットボトルに入れて持ち帰っています
> 全部飲むより楽ちんです

ペットに入れるのいいですね。持ち帰るときは、だいたい水筒に入れてましたけど、洗うのが大変なので^^;

No title

やまびこさん、こんにちは。

登山届けは、登られる方々は皆さんちゃんと出されてるんでしょうか?
それとも出さずに登られる方もけっこういらっしゃる??
こちらにはないシステムなのでちょっと気になりました。
山頂からの眺め、周りの山々はすっかり秋の色ですね。
紅葉祭りも見事でしょうね~、いいなあ、行ってみたいなあ。

Re: No title

アルペン猫さん、こんにちは。

> 登山届けは、登られる方々は皆さんちゃんと出されてるんでしょうか?
> それとも出さずに登られる方もけっこういらっしゃる??
> こちらにはないシステムなのでちょっと気になりました。

義務化されてるところ以外は任意ですけど、遭難した時の捜索を行いやすくなるということで、僕は低山でも提出しています。
提出していない方もいらっしゃると思いますが、大方提出してるかと思いますけど。

> 山頂からの眺め、周りの山々はすっかり秋の色ですね。
> 紅葉祭りも見事でしょうね~、いいなあ、行ってみたいなあ。

低山はやっと紅葉の時期です。各地でもみじ祭りがおこなわれてます。
天気が許す限り登っていこうと思ってます^^