立山【一の越山荘まで】

夏休みをもらったので、家族と一緒に、お出かけしました。
立山黒部アルペンルートを扇沢(おおぎざわ)から室堂までを往復すべく、朝3時に出かける。
登山が目的ではないので、たいした記事ではないかもしれません(笑)

立山黒部アルペンルート(たてやまくろべアルペンルート)は、富山県中新川郡立山町の立山駅(立山黒部貫光)と、長野県大町市の扇沢駅(関電トンネルトロリーバス)とを結ぶ交通路で、総延長37.2km、世界有数の大規模な山岳観光ルートである。1971年(昭和46年)6月1日全通。
富山県の立山駅から東に30.5km、長野県の扇沢駅から西に6.1kmの位置に「黒部ダム」がある
なお、富山地方鉄道の電鉄富山駅からJR東日本大糸線信濃大町駅までとされる場合もある。

立山駅から扇沢駅までは、ほぼ西から東に 25 km 足らずの直線距離だが、最大高低差は 1,975 m あり、ルート内の交通機関として、立山連峰の景観を望む立山ロープウェイ、全線地下式のケーブルカー、黒部ダム建設に用いられたトンネルを通るトロリーバス、日本国内一の堤高を持つ黒部ダムの堰堤上の徒歩での移動など、様々な乗り物を乗り継いで移動する。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあり、飛騨山脈・立山連峰を貫き、黒部ダムなどのいくつもの景勝地を通る。途中駅にはホテル立山などの宿泊施設もあり、それぞれが登山、散策、トレッキング、その他の観光コースの基点にもなっている。本ルートは4月半ばから開通し、11月半ばに閉鎖される(天候に左右される)。

最高地点は、立山登山の基点ともなる室堂で標高 2,450 m 。富山県側の立山から黒部湖までの区間は山岳観光や立山登山客の便を図るために作られた。黒部ダムから扇沢の区間(途中に富山県、長野県の県境)は黒部ダム建設の資材運搬のために建設され、ダム完成後に一般の旅客に開放された。
立山黒部アルペンルートは、登山道を除けば富山県と長野県とを直接結ぶ唯一の交通路である。しかし、自然保護の観点などから運賃が高目に設定されていることと、多くの乗り物を乗り継がなければならないことから、富山・長野間の移動を主目的として用いられることはほとんどない。利用者の大半は両県外からの観光客である。また富山空港に韓国や中国、台湾、タイからの国際線が乗り入れるようになってから、これらの国々からの観光客が目立つようになった。
なお、桂台料金所 - 美女平間および追分 - 室堂間の立山有料道路(富山県道6号富山立山公園線の一部)は、マイカー規制として路線バス、観光バスや公安委員会の許可を受けた車両、緊急自動車しか通行できない。
昭和40年代の開通当初には一般車両を通行させる計画もあり、小型乗用車12,800円・普通乗用車18,900円の料金設定がなされたが、交通渋滞や自然環境悪化といった問題も生じるため、実際に一般車両を通行させることなく現在に至っている。最近では乗用車やバスで立山黒部アルペンルートを訪問する観光客に対し、立山駅と扇沢駅の間で運送業者によるマイカー回送のサービスがある。なお、富山県側の道路の室堂までの延長の歴史は地獄谷 (立山町)#歴史を参照。
冬季でも設備維持のため扇沢から室堂ターミナルまでは点検・稼動している・・・・・・・Wikipedelia


004_R_201808091310573e3.jpg
安曇野ICから約1時間、扇沢駅到着(7:58)
長野側立山黒部アルペンルート入口です。

005_R_20180809131404272.jpg
いきなり山の成分が強いです。
ここから、関電トンネルトロリーバスに乗り、黒部ダムに向かいます。

007_R_20180809131718957.jpg
平日なのに、混んでますね。

018_R_20180809131808b28.jpg
黒部ダム到着。乗車時間は15分程度です。
このトロリーバスは2019年の車両入替で、充電式電気バスに代わりますので、この風景は今年までですね。

029_R_201808091321533b4.jpg
220段の階段を上がって、展望台へ。
観光放水中です。豪快ですね。

032_R_201808091323067c0.jpg
ダムの向こうに赤牛岳が見えます。

034_R_201808091324266bd.jpg
前回歩いた、雄山、富士の折立のギザギザ。

062_R_20180809132757e6b.jpg
下ノ廊下のスタート地点。いつか歩いてみたいな。

063_R_201808091328528f8.jpg
ダムを歩いて黒部湖駅からケーブルカーに乗って、黒部平を目指します。

071_R_2018080913362145c.jpg
トンネルを登っていくので、ひんやりと気持ちいいです。

074_R_20180809133721a29.jpg
黒部平からは、ロープウェイに乗って、大観峰に向かい、大観峰からは立山トロリーバスにて、室堂を目指します。

088_R_20180809134416ab9.jpg
室堂到着。ホテル立山にて昼食を取った後、散策します。

104_R_201808091345438af.jpg
景色を楽しみながら、下の子と一の越を目指し歩いていきます。
登山装備ではないので、一の越までにしようと歩き始める。

113_R_20180809134725aa8.jpg
右手に浄土山。

116_R_201808091348216d4.jpg
なだらかな道が続きます。

118_R_20180809134953a83.jpg
雪渓。スニーカーでは不安ですね。

123_R_201808091350435e4.jpg
ガスが出てきました。台風が近づいてるからかな。

130_R_20180809135301fe6.jpg
一の越山荘が見えてきました。

136_R_201808091353470d5.jpg
振り返れば、立山らしい風景が広がっています。

139_R_201808091354314db.jpg
一の越山荘到着(12:34)

141_R_20180809135611664.jpg
雄山までいけそうな気もするけど、ここまで。

158_R_2018080913574344d.jpg
ミクリガ池を見ながら室堂に戻ります。


立山で出会ったお花達。

097_R_20180809135902ed8.jpg
ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)

098_R_20180809140304f24.jpg
ヤマハハコ(山母子)

100_R_20180809140956cac.jpg
ミヤマタンポポ(深山蒲公英)

101_R_20180809141120adf.jpg
ミソガワソウ(味噌川草)

103_R_2018080914174948e.jpg
ヨツバシオガマ(四葉塩釜)

105_R_20180809142006b00.jpg
ミヤマリンドウ(深山竜胆)

111_R_20180809142513ab3.jpg
キレハハクサンボウフウ(切葉白山防風)

112_R_20180809142653dee.jpg
シナノキンバイ(信濃金梅)

119_R_201808091433147ae.jpg
ミヤマキンバイ(深山金梅)

127_R_20180809143420db0.jpg
カラマツソウ?

128_R_201808091440274dc.jpg
黄色い花はみんな同じように見えます(笑)

131_R_20180809144105524.jpg
イワツメクサ(岩爪草)

133_R_201808091445142cc.jpg


135_R_20180809144640c32.jpg
ベニバナイチゴ(紅花苺)

138_R_201808091447503e8.jpg
イワギキョウ(岩桔梗)

148_R_201808091448585d0.jpg
ヒメクワガタ(姫鍬形)

150_R_20180809144951fd3.jpg
ヤマブキショウマ(山吹升麻)

156_R_2018080914510663f.jpg
チングルマ(珍車)


堪能したらまた扇沢に向かって、戻ります。

165_R_20180809145651f63.jpg
扇沢駅戻り(15:58)

この後、大町温泉郷に泊まりました。
岐阜と違って、とても涼しかったです。


この時期の立山はお花の宝庫ですね。アップしていない花も結構あって、とても楽しめた立山旅行でした。

二日目に続く

あ~気持ちよかった、やっぱり山はいいね~(*´∀`人 ♪
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

やまびこさん こんにちは

ご家族で行かれるのにはピッタリの場所ですよね。
僕も初めて立山に行ったときは雄大な高山の雰囲気に感動しましたよ!
それにしても人でいっぱい・・・(@_@;

天気が少し不安定なようですがまだまだ夏山楽しみたいですね^^

Re: No title

としパパさん、こんにちは。

> ご家族で行かれるのにはピッタリの場所ですよね。
> 僕も初めて立山に行ったときは雄大な高山の雰囲気に感動しましたよ!
> それにしても人でいっぱい・・・(@_@;

登山装備ではないので、一の越山荘まで行ってみました。
雪渓もスニーカーだと怖いですね。
とにかく涼しくてよかったです。

> 天気が少し不安定なようですがまだまだ夏山楽しみたいですね^^

雷注意報とか出てると、ちょっと躊躇しますね。
お互いに体調とか気を付けて、夏山楽しみましょう。