大台ヶ原山【日出ヶ岳、東大台周回】 春休み山行(その2)

(その1)からの続き

大峰山に頑張って登ったためか、足が攣りはじめてました。

227_R.jpg
マツキヨで買った漢方、芍薬甘草湯を飲んでみる。
大台ヶ原の東大台周回コースは、標高差はあまりないものの距離はあるので、攣ってる状況では登れません(^-^;
様子を見ながら、大台ケ原まで車を走らせます。

140_R_20180615161815eb5.jpg
大台ケ原ビジターセンターに到着(12:40)
行者還トンネル西口駐車場から、1時間ちょっとで到着しました。
芍薬甘草湯、すごく、効きますね~。足の攣りも全くなくなって、何とか周回できそうです。




大台ヶ原山
大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は奈良県と三重県の県境にある標高1695.1mの山である。深田久弥によって「日本百名山」に選ばれたほか、日本百景、日本の秘境100選にも選ばれ、山全体が特別天然記念物に指定されている。1980年(昭和55年)に国際連合教育科学文化機関の生物圏保護区(ユネスコエコパーク)に登録された(登録名:大台ケ原・大峯山・大杉谷)。

最高点の一等三角点は基準点名が「大台ヶ原山」であるが、国土地理院による地図には日出ヶ岳(ひでがだけ)と表記され、三重県の最高峰である。三津河落山(さんずこうちさん)や経ヶ峰(きょうがみね)など、標高1400mから1600mの複数の山と、これらの山に囲まれた東西5 kmほどの台地状の地帯は大台ヶ原(おおだいがはら)と呼ばれ、奈良県吉野郡上北山村と同郡川上村および三重県多気郡大台町旧宮川村にまたがっている。大台ヶ原は吉野熊野国立公園の一部として指定され、特に景観を保護するために特別保護地区に指定されている。

大台ヶ原は中央構造線の南に位置し、海洋プレートがユーラシアプレートの下へ潜り込む際に、海洋プレートに堆積した砂岩やチャートがユーラシアプレートの縁へと押し上げられて隆起した地形であると考えられている。大台ヶ原は日本では希な非火山性の隆起準平原であるとされているが、一方で、今から1500万年前に巨大噴火が起こり、大台カルデラが形成されていたとする説もある。西部と南部は激しい谷頭浸食によって標高差1,000mの深い谷筋が形成され、硬い岩石で構成された地質が鋭く切り立った地形を作り上げている。南東方面は熊野灘に面するリアス式海岸で、大台ヶ原は海岸線からの急峻な斜面の頭頂部にある[。

南東の急峻な斜面を海上から湿った風が吹き上げるため大台ヶ原では年間を通じて降水量が多く、屋久島に並ぶと言われるほどの多雨地帯である。特に日本列島の太平洋側を台風が通過する際には南東からの風が強くなるため、10月ごろを中心に降水量が多い。1920年(大正9年)には年間8,214ミリの雨量を記録し、1923年(大正12年)9月の台風時には一日に1,011ミリの降水記録がある・・・・・・・・Wikipedia


大台ヶ原ビジターセンターから東側を東大台、西側を西大台といい、西大台への立入は許可制になっており、講習を受けないと入れません。
今回は東大台を周回します。

141_R_2018061516345629e.jpg
大台ヶ原ビジターセンター前からスタートします(12:46)
東大台登山口から入り、日出ヶ岳方面に進みます。

144_R_20180615163949c47.jpg
大台ヶ原は太平洋から15km程度しか離れてなく、雲が発生しやすい為、雨が多い地域としても知られています。
本日も、すでにガスってました。
本当に散策コースですね。身体が何ともないときに散歩してみたいルートです。

148_R_2018061516440516f.jpg
苔探勝路を行きたいところですが、疲れと時間の遅さで、直に日出ヶ岳に向かいます。

150_R_201806151646064e6.jpg
トウヒやウラジオモミなど、珍しい木があります。

152_R_20180615164744a67.jpg
これは苔を増やすために巻いてるのかな・・・・

155_R_201806151648224f4.jpg
水が多いお山ですね。のんびり歩いていられます。

156_R_201806151652389ef.jpg
石畳の緩い階段でも、今の僕には堪えます。

158_R_201806151654526b7.jpg
日出ヶ岳と正木峠の分岐点。展望場があります。
日出ヶ岳方面に進みます。

160_R_20180615165616add.jpg
うー、樹の階段かー・・・○| ̄|_

162_R_20180615165729168.jpg
大した登りでもないのに、ひーこらひーこら言いながら登ってます。
頂上が見えてきました。

164_R_201806151658277ab.jpg
日出ヶ岳頂上到着(13:34)
百名山の頂上にしては、頂上碑が小さい(笑)
一等三角点「大台ヶ原山」

166_R_201806151702191a8.jpg
頂上の展望台から、今日登ってきた大峰山方面。
雲に隠れて見えません(笑)

168_R_20180615170403355.jpg
天気がいいと、富士山や御嶽山、恵那山あたりが見えるらしい。残念ながら曇ってます。

174_R_201806151706032f3.jpg
鹿さんが遊びに来てましたヽ(´∀`)ノ

176_R_201806151707197dc.jpg
正木峠との分岐まで戻り、分岐のところにある展望台から熊野灘が見えます。
雲の下にわずかですが見えました。
正木峠に向かいます。

181_R_20180615171045261.jpg
シロヤシオのトンネル。まだわずかに花は残ってましたが、満開時はきれいでしょうね。

187_R.jpg
トウヒの立ち枯れが目立ちますが、何でですかね。
正木峠から、牛石ヶ原へ向かいます。

193_R.jpg
なだらか~な道をのんびり歩いていきます。
曇っているのでわかりにくいですが、まだ14時半ぐらいです。

196_R.jpg
牛石ヶ原に到着。
ここには魔物を封じ込めたといわれる牛石があります(写真を撮り忘れた(笑))
大蛇嵓に向かいます。

197_R_20180615172338d46.jpg
大蛇嵓分岐。ここから、強い雨によって作られたという大蛇嵓に向かって下っていきます。
先端の鎖のあるところまで、気を付けながら下っていきます。

198_R_20180615172538fac.jpg
最後に橋を渡って、デカい岩に登って行きます。

205_R_20180615172640a91.jpg
大蛇嵓到着。
石の周りには鎖。鎖の向こうは何百メートルもある垂直な崖です。
これ行くの~(;д;)
ひゃ~めっちゃ怖い((((;゚д゚))))アワワワワ

204_R_20180615173125c32.jpg
疲れで足もプルプルしてるけど、がんばって進んでみました。
真ん中に見えるのが大蛇嵓。柵の向こうは数百メートルも切れてる谷です。

208_R_20180615173346051.jpg
戻って、シオカラ峠に向かいます。160mのアップダウンがあります。
180m下ってシオカラ谷にかかる吊橋を渡り、また160m登り返します。
このあたりは登山道らしい登山道ですね。

215_R_20180615173729fdd.jpg
シオカラ谷にかかる吊り橋。
さてここから最後の登り返しです。
これぐらいしないと、登山って感じしないですね。

216_R_201806151738394f2.jpg
でも辛い~!(>_<)

223_R.jpg
急登は終わっても駐車場に向け、緩い登りを登っていきます。

225_R.jpg
駐車場が見えてきました。
僕の遅めの春休みの楽しみも終わります。

226_R.jpg
駐車場戻り(16:23)
もう車もほとんどいないですね。車横で煮炊きしてる人は、もしかすると明日登る人かな。

この東大台コースは、登山道というより、散策コースですね。いつか秘境と言われる三重県側からの大杉谷ルートを登ってみたい。
のんびり散策するにはいいですね。手軽に登れる百名山でいいけども、伊吹山のように日帰りでしっかり登れるルートもあるといいですね。大杉谷は日帰りは無理なので。

あ~気持ちよかった。やっぱり山はいいね~(*´∀`人 ♪




日出ヶ岳(大台ヶ原山)       1,695m
沿面距離               7.8km
累積標高               539m
総時間                3時間37分




大台ケ原20180612標高データ

大台ケ原20180612地図データ

コメント

非公開コメント

No title

やまびこさん、こんにちは!

大台ヶ原は、私も行ってみたいと思っているお山です。いいなぁ。
いいなぁ。

以前テレビで大杉谷のルートのを見ました。
とても魅力的ですよね!

大蛇嵓からの景色を見てみたいです。
行きたいところがたくさんあるので、70歳くらいになっても足腰が丈夫でいられるように筋力つけておかないと、、、^^

Re: No title

tekky2さん、こんにちは。

> 大台ヶ原は、私も行ってみたいと思っているお山です。いいなぁ。
> いいなぁ。
>
> 以前テレビで大杉谷のルートのを見ました。
> とても魅力的ですよね!

大杉谷コースは、本当に秘境って感じらしいです。日帰りは難しいらしいですけど、テン泊か山小屋泊でチャレンジしてみたいですね^^

> 大蛇嵓からの景色を見てみたいです。
> 行きたいところがたくさんあるので、70歳くらいになっても足腰が丈夫でいられるように筋力つけておかないと、、、^^

夕方近くて、だれもいなかったのと、疲れで足がプルプルしてたので、怖かったです。
鎖があるので大丈夫そうなんですけどね^^;
今回大峰山で70歳ぐらいのご夫婦とすれ違いましたけど、足腰丈夫そうでしたね。
足腰鍛えてないと、すぐに衰えていきますから楽しみながら登っていきましょう^^

No title

一時間も運転して移動されたんですね。
漢方、同じメーカーのを私も前回の帰省の時に購入してリュックにいつも入れてます^^
歩いてて気持ちのよさそうなところですね、階段がなければ(^^;
垂直な崖のところは読んでてこちらもヒヤヒヤしました(汗)。
一日に二山、これは達成感あって歩き終わった後はいつも以上に爽快に感じそうです!
お疲れさまでした!

Re: No title

アルペン猫さん、こんにちは。

> 一時間も運転して移動されたんですね。
> 漢方、同じメーカーのを私も前回の帰省の時に購入してリュックにいつも入れてます^^

芍薬甘草湯。すごく効きました。足が良く釣る僕には必需品になりそうです。

> 歩いてて気持ちのよさそうなところですね、階段がなければ(^^;
> 垂直な崖のところは読んでてこちらもヒヤヒヤしました(汗)。
> 一日に二山、これは達成感あって歩き終わった後はいつも以上に爽快に感じそうです!
> お疲れさまでした!

大蛇窟は怖かったですね。足がだいぶ疲れてたので、踏み外しそうで怖かったです^^;
一日いっぱい歩いて楽しかったですね^^。

No title

やまびこさん こんにちは

僕も今月に登った山で足が攣りそうになって
途中で引き返したことあったので同じだなぁと思って
レポ拝見してましたが、やまびこさんは計画遂行されたのですね。
お疲れさまでした!
一日二座は辛いですよねー^^

高所がダメなのでエグい写真のとこは苦手だな~笑
百名山なんですね。今回は雲が多かったようですが展望がいいと絶景でしょうね。
こちらからだとちょっと遠いですが機会あれば登ってみたいです^^

Re: No title

としパパさん、こんにちは。

> 僕も今月に登った山で足が攣りそうになって
> 途中で引き返したことあったので同じだなぁと思って

丸太階段が多かったりするとすぐ足にきますね^^;
もっと登れるようにウェイトダウン中です。

> レポ拝見してましたが、やまびこさんは計画遂行されたのですね。
> お疲れさまでした!
> 一日二座は辛いですよねー^^

今回後半の大台ケ原は、距離はあるけど、散策コースのような感じだったので登れました。
雨が多い地域なので、仕方がないですね^^;

> 高所がダメなのでエグい写真のとこは苦手だな~笑
> 百名山なんですね。今回は雲が多かったようですが展望がいいと絶景でしょうね。
> こちらからだとちょっと遠いですが機会あれば登ってみたいです^^

特に大台ケ原は雨が多い地域なので、なかなか快晴という日は少ないようです。
奈良県側からしか入れないので、岐阜からもなかなか気軽に登りに行けるお山ではないですが、いい山でしたよ^^

No title

おはようございます。やまびこさん。
八経ケ岳、大台ヶ原果敢なアタックお疲れ様でした!
もしかして、百名山ハンター始められたんですか?
随分、積極的にお出かけになってますよね。

私は、八経ヶ岳十年ほど前に同コースで行きましたが、今度は釈迦岳から奥駈道で八経ケ岳も歩いてみたいですね。
大台ヶ原も大杉谷コースが魅力的ですね。でもこのコースアクセスが悪いですから2回ほど計画が没になりました。

比良山系や福井県嶺南に遠征の際はお声かけてくださいね!

Re: No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

> 八経ケ岳、大台ヶ原果敢なアタックお疲れ様でした!
> もしかして、百名山ハンター始められたんですか?
> 随分、積極的にお出かけになってますよね。

何か新しい目標をと思って、百名山はコツコツ登って行こうと思ってます。
登ったことない山を登るのはいいですね^^

> 私は、八経ヶ岳十年ほど前に同コースで行きましたが、今度は釈迦岳から奥駈道で八経ケ岳も歩いてみたいですね。
> 大台ヶ原も大杉谷コースが魅力的ですね。でもこのコースアクセスが悪いですから2回ほど計画が没になりました。

秘境と呼ばれる大杉谷コースいいですね。一度登ってみたいですが、登り口までのアクセスが悪いですね。雨も多い地域だし、なかなか難しそうですね^^;

> 比良山系や福井県嶺南に遠征の際はお声かけてくださいね!

またご一緒しましょう^^