霊仙山【榑ヶ畑から西南尾根周回】

今日は、花の百名山、霊仙山に登ってみました。

113_R_20180512180229bf0.jpg
ヤマシャクヤク(山芍薬)

この時期霊仙山は登山者に大変人気があって、遅めの時間に行くと、車を停めることが大変です。
ヤマシャクヤクの画像は、まとめて最後にアップしてあります。

登山口はJR醒ヶ井駅から、醒ヶ井養鱒場を目指して行き、醒ヶ井養鱒場の奥にあります。
登山口前の10台ぐらいの駐車スペースは6時前でほぼいっぱいです。

001_R_20180512181002cc7.jpg
スタートします(5:49)
今日は榑ヶ畑~落合~西南尾根~頂上、榑ヶ畑ルートを下山。周回します。

003_R_20180512181425099.jpg
かなやまでは平坦な道を進みます。

004_R_20180512181506ed3.jpg
かなや着。まだ営業開始してはいないようです。

006_R_201805121815516ca.jpg
ジュース販売もまだのようですね。

008_R_20180512181638855.jpg
2合目汗拭峠までは、急登を登っていきますが、道幅もあり、特に問題ありません。

010_R_20180512181758db5.jpg
2合目「汗拭峠」ここから、落合ルートを進みます。
落合ルートは、特に問題なく通れますが、崩落のため通行止めルートなので、気を付けて進んでください。

011_R_20180512182022c63.jpg
急な斜面を、九十九折に下ります。

012_R_20180512182112e55.jpg
崩落個所。これはしばらく通行止めが解除されることはないと思いますが、迂回路もあり、特に問題なく通過できます。

014_R_20180512182330238.jpg
渡渉しながら、川沿いを進み、廃村、落合集落を目指します。

017_R_20180512182635a68.jpg
平坦な杉林。歩いていて気持ちいいですね。ただ、朝早すぎて、日差しが弱いかな。

020_R_20180512183434c84.jpg
あれ?こんな上まで河川工事してる。落合は廃村だし必要あるのかな?
ほかっておくと、災害のもとになるのでしょうか。

025_R_20180512183649461.jpg
落合集落。廃村なので、年々荒廃していきますが、なるべくそっとしておいてほしいですね。

030_R_20180512184133155.jpg
河脇には、シャガが咲いています。

036_R_20180512184225d77.jpg
今畑ルートの看板。落合から廃村今畑までは登山道を登っていきます。

037_R_20180512184413a12.jpg
車も入れない今畑集落は昔はどういう生活をしていたんだろう。

039_R_2018051218452825d.jpg
クリンソウ。風の通り道なのか、並んで咲いていました。

042_R_20180512184632c68.jpg
今畑集落。廃村ですが、多くの登山者が登っているので、たぶん忘れられることはありません( ̄^ ̄)ゞ

045_R_201805121849105b6.jpg
今畑集落を抜けると、新緑の気持ちいい登山道となり、西南尾根に向かって登っていきます。

052_R_2018051218541704a.jpg
マムシグサ

058_R_20180512185444ed0.jpg
キランソウ

062_R_201805121855222e0.jpg
この気持ちよさ、分かるかな~。緑と青い空と影、最高です。

065_R_201805121857058c5.jpg
エビネが群生してます。くーっ!!しあわせだぁ(*´∀`人 ♪

073_R_20180512190140f55.jpg
西南尾根が近づいてきました。近江展望台までは急登です。

074_R_2018051219024813a.jpg
岩がゴツゴツと、なかなか登りにくいです。

084_R_201805121904064d7.jpg
西南尾根はお花の宝庫ですよ~(*´∀`人 ♪

088_R_20180512190523eb3.jpg
スミレ

086_R_20180512190604b9d.jpg
ニリンソウかな

092_R_201805121906208d7.jpg
近江展望台到着。

093_R_2018051219081591d.jpg
これから進む西南尾根。シャープな稜線が魅力的ですね。

096_R_20180512190917028.jpg
琵琶湖がきれいに見えます。来てよかった(*´∀`人 ♪

097_R_20180512191013406.jpg
イチリンソウ

099_R_201805121910304d4.jpg
ヒトリシズカ

103_R_201805121910508e7.jpg
ネコノメソウ

129_R_2018051219111113d.jpg
ムラサキケマン

131_R_20180512191136b8e.jpg
最高点が見えてきましたね。

132_R.jpg
頂上も見えますが、登山道を外れないように進みます。

135_R_20180512191320f90.jpg
樹がないと暑いです。

136_R_20180512191400d2b.jpg
霊仙山最高点到着(9:50)

137_R_20180512191502205.jpg
伊吹山もすっかり雪もなくなり、今日もいっぱい登ってるんだろうな。

140_R_201805121916098c2.jpg
経塚山頂上分岐。あと少し。

142_R_20180512191637a72.jpg
頂上到着(10:03)

143_R_20180512191914d83.jpg
二等三角点「霊仙山」

144_R_20180512192006244.jpg
琵琶湖

146_R_2018051219203480d.jpg
伊吹山

147_R_2018051219205312c.jpg
鈴鹿山脈。御池岳かな~

145_R_20180512192136d7d.jpg
今日の昼食。甘いものは外せない(笑)
一応お湯も積んでるんだけどな。

152_R_2018051219223649f.jpg
頂上付近はイチリンソウがいっぱい咲いてます。
榑ヶ畑コースを下ります。

153_R_20180512192425b05.jpg
ここで登り返しはきついけど、9合目経塚山到着。

155_R_2018051219252556b.jpg
登山で天気がいい日なんて、みんな同じ空だっていうけど、いいよね。いつみても青い空は。
彩雲も見れました。太陽が邪魔で写真にはおさめられなかったけど。吉兆ですね。

158_R_20180512192651284.jpg
8合目、御池。

160_R.jpg
7合目お猿岩。
今日もどれがお猿なんでしょう?と登山者に聞かれたけど、僕もずっと疑問に思ってます。

162_R_201805121928455f3.jpg
下りは景色を楽しめていいですね。九十九折れに、急斜面を降りていきます。

164_R_201805121929415ba.jpg
6合目は特に名前はついていません(笑)

166_R_20180512193024ef7.jpg
5合目「見晴台」ここからは傾斜も緩んで、森の中を下っていきます。

167_R_20180512193133ea4.jpg
新緑っていいですね。爽やかで、命の伊吹にあふれていて。

170_R_201805121932292b4.jpg
3合目も名前はないですね。一合毎に道標が設置してあります。榑ヶ畑コースは親切ですね。

172_R_20180513112354649.jpg
2合目汗拭峠。戻ってきました。ふぅ・・・(* ´ ▽ ` *)

173_R_20180512193423d43.jpg
かなや戻り(11:28)

177_R_20180512193504e62.jpg
登山口戻り(11:37)

今日も気持ちよく歩けたな。まだまだ今年も歩けそうですね。

あ~気持ち良かった。やっぱり山はいいね~(*´∀`人 ♪



それでは、ヤマシャクヤクをご覧ください。

112_R_201805121937566d1.jpg
これが一番いい形だったかな。

107_R_20180512193840082.jpg
まだ開いていない花もありましたが、今週いっぱいでしょうね。

106_R_2018051219392846c.jpg
日向のヤマシャクは、お花が終わって、中のめしべだけになってました。

116_R_2018051219404859a.jpg
群生。写真で見るより圧倒されますよ(* ´ ▽ ` *)

126_R_20180512194152d2f.jpg
願わくば、この環境が遠い未来でも続いていてほしいと思います。




霊仙山       1,084m
沿面距離      12.3km
累積標高      1,099m
総時間       5時間50分




霊仙山20180512地図データ

霊仙山20170527標高データ
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ヤマシャクヤクにエビネにも出会えて良かったですね!


「この気持ちよさ、分かるかな~。緑と青い空と影、最高です。」
伝わりますよ
緑がほんとうに綺麗な季節ですよね
山歩きは晴れの日しか行きません^^

お花きれいですね。

山芍薬は、初めて見ました。一重の花びらが楚々として、とてもいいですね。群生しているところところを生でみたいですね。それにしても、お花の種類がたくさんあって、すてきな山ですね。花の名前は、教わってもすぐ忘れてしまいますので、こうして、写真付きで見ると改めて、ああ、あの山に咲いていたなと思い出します。わたしは、四月の四国遠征以来、またもリハビリ中です。近くで、ワラビやヤマブキ、タラノメを採って、ひたすら料理しています。ああ、山に行きたい!

Re: No title

tekky2さん、こんにちは。

> ヤマシャクヤクにエビネにも出会えて良かったですね!

ヤマシャクヤクは、思ったより大きなお花でした。群生してると豪快な感じがします。

>
> 「この気持ちよさ、分かるかな~。緑と青い空と影、最高です。」
> 伝わりますよ
> 緑がほんとうに綺麗な季節ですよね
> 山歩きは晴れの日しか行きません^^

この時期は気温もちょうど良くていいですね^^
天気で山の雰囲気は全然違います^^

Re: お花きれいですね。

雪椿さん、こんにちは。

> 山芍薬は、初めて見ました。一重の花びらが楚々として、とてもいいですね。群生しているところところを生でみたいですね。それにしても、お花の種類がたくさんあって、すてきな山ですね。花の名前は、教わってもすぐ忘れてしまいますので、こうして、写真付きで見ると改めて、ああ、あの山に咲いていたなと思い出します。わたしは、四月の四国遠征以来、またもリハビリ中です。近くで、ワラビやヤマブキ、タラノメを採って、ひたすら料理しています。ああ、山に行きたい!

ヤマシャクヤクは、ボタン科なので、大きなお花が特徴です。
山に群生してると、結構見ごたえのある光景ですよ。
山菜も時期ですね~。山菜だと、僕はコシアブラの天ぷらが好きですね^^

No title

やまびこさん こんにちは

クリンソウやヤマシャクヤク、見頃だったようで綺麗に咲いてますね。
山頂からは鈴鹿の山々や琵琶湖など眺望いいみたいですし
人気のある有名なお山なのに未踏のでぜひ登ってみたいです。

この周回コース、どちら廻りがお勧めですか?
下りが苦手なので急坂はなるべく登りにしたいのですが
地図で確認すると近江展望台の南側あたりでしょうか・・あと、
ヒルとかはまだ大丈夫ですよね・・^^;汗

Re: No title

としパパさん、こんにちは


> クリンソウやヤマシャクヤク、見頃だったようで綺麗に咲いてますね。
> 山頂からは鈴鹿の山々や琵琶湖など眺望いいみたいですし
> 人気のある有名なお山なのに未踏のでぜひ登ってみたいです。

この時期の霊仙山は大変人気があって、この日も登山口からずいぶん遠くまで車の列が連なってました。40~50台近くはあったかと思います。6時前で登山口前の駐車スペースはいっぱいでした。

> この周回コース、どちら廻りがお勧めですか?
> 下りが苦手なので急坂はなるべく登りにしたいのですが
> 地図で確認すると近江展望台の南側あたりでしょうか・・あと、
> ヒルとかはまだ大丈夫ですよね・・^^;汗

汗拭峠から落合に下りる今回僕が回った左回りのコースがお勧めです。
近江展望台がある西南尾根に登る部分が特に急登です。
榑ヶ畑コースは急登部分は九十九折れになってるので、比較的降りやすいかと思います。
ヒルは、ジメジメしてくると、出てくるので、まだ大丈夫だと思うけど、5月下旬からは怪しいですね。
6月はヒルのため、登る人が一気に減ります。
5月でも湿度が高く、ジメジメする日は気を付けてください^^

No title

やまびこさん、こんにちは。

駐車場、6時前からそんなにいっぱいなんですか!
でもこんなにお花がたくさん咲いてて、上の方は眺めも良くて、人気のお山の理由がよく分かりました。
まだ真夏ほどの暑さがないこの季節の歩き、新緑を見ながら気持ちよさそうですね~。
ヤマシャクヤクの様なお花はこちらでは見たことないかも。
開いてない状態のも可憐でかわいらしいですね♪

Re: No title

アルペン猫さん、こんにちは。

> 駐車場、6時前からそんなにいっぱいなんですか!
> でもこんなにお花がたくさん咲いてて、上の方は眺めも良くて、人気のお山の理由がよく分かりました。

花が多い山で、この時期とても人気があります。
ですが、ヤマビルもひどい山なので、6月になるとまったく登られなくなります(笑)

> まだ真夏ほどの暑さがないこの季節の歩き、新緑を見ながら気持ちよさそうですね~。
> ヤマシャクヤクの様なお花はこちらでは見たことないかも。
> 開いてない状態のも可憐でかわいらしいですね♪

大柄な花って山の中ではあまり見かけませんけど、ヤマシャクヤクはボタン科の花なので、結構大きな花を付けます。
また群生してると、見ごたえがありますね^^

No title

こんばんは。やまびこさん。
名物の自販はまだ営業されていないんですね。

エビネはどのくらいの標高地点で群生しているんですか?
山シャクヤクといい、花まみれの山歩きでしたね。

いつもは比良側から霊山を眺めていますが、比良山系は比較的花の種類が少ないので羨ましい限りです。

Re: No title

居酒屋与太郎さん、こんにちは。

> 名物の自販はまだ営業されていないんですね。

5月にはいつも開始してるんですけどね。やめたんじゃなければいいけど(^^;

> エビネはどのくらいの標高地点で群生しているんですか?
> 山シャクヤクといい、花まみれの山歩きでしたね。
>
> いつもは比良側から霊山を眺めていますが、比良山系は比較的花の種類が少ないので羨ましい限りです。

エビネは、西南尾根の取り付きの急登の手前あたりにありました。お花いいですよね。
霊仙山はお花の多い山として有名です。この時期なかなかいいですよ^^